2回目以降は5400円/回となります。1回が最大500円割引となる回数券もご利用可能です。

03-6260-9768

あなたの症状はどれですか?

  • 大勢の人混みに行けない
  • 立ちくらみのようなめまいで意識が遠くなる感じがある
  • 人前に出ることができなくなり、家に引きこもるようになった
  • 突然のめまいや動悸、不安感に襲われる
  • まだ起きていないことに不安を感じてしまう
  • 逃げ場のない場所や、大勢の人がいる施設を避けてしまう

美容の仕事に復帰できました!

江戸川区・50代女性N様

かつて美容の仕事をしていた私は過剰に働きすぎてしまい、肉体も精神もやられてしまいました。

外出するのも嫌になり、薬の副作用か「どうしよう、どうしよう」と不安感に襲われることもよくありました。

先生には本当に手厚く心と体のケアをしていただき、時間はかかりましたが私は再び一番好きな美容の仕事に復帰することが出来ました。

少しずつではありますが、仕事の量や時間を伸ばしていけたらと思っています。

いつもお話を聞いてくださりありがとうございます。

同じ様に困っている方はきっと沢山いると思います。

病院の治療で行き詰っているなら、病院とは違った方法も試してみる価値はあると思いますよ。

 

クライアント様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

そもそも「パニック障害」とは?

パニック障害とは、突然の動悸、呼吸困難、異常な発汗、頻脈などの身体症状に加え、不安感や恐怖心などの精神症状が現れるのも特徴です。

 

パニック三大徴候として

・パニック発作

・予期不安

・広場恐怖

があります。この発作は数分〜1時間程度で消失することから、医師の診断を受ける段階で消えてしまって、場合によっては「気のせいですね」で済まされてしまうこともあります。

パニック発作

パニック発作とは、身体の病気は無いのに動悸、呼吸困難、発汗の様な身体症状が急に起こるものです。呼吸器や心臓などに明らかな病気がないので、酷い場合「気のせい」で様子見させられることもあると聞きます。

予期不安

「また発作が起きたらどうしよう」という恐怖感から通勤や通学に支障をきたしたりもします。

普通ならば気にならない様な、まだ起きていないことにまで不安を感じてしまうものを予期不安と言います。

広場恐怖

ショッピングモールの様な人混みや、バスや電車といった公共の場に行くと発作の様な症状が出てしまったり、そうなるのではないか?という予期不安も合間って外出を避けがちになってしまうことがあります。

日常生活に支障を来たしやすいので、パニック障害は家族にとっても非常に辛い症状です。

病院での
パニック障害の治療について

一般的には薬物療法を中心として治療が進められていきます。

薬物療法

抗不安薬や、抗うつ剤、睡眠薬など、症状や状況に合わせた薬物治療が進められます。

依存性のあるものも多く、パニックの特徴である「不安」が減薬出来ない原因になることもあり、かなり長期に渡って服薬を続けている方も少なくありません。いずれにしても、表に出た症状を和らげるのが薬の目的になりますので、対症療法となります。

精神的安定が得られるメリットはありますが、長期的に見れば身体への負担もあるため短期間で離脱できる様に様々なアプローチを検討して欲しいと思います。

 

洞内整体が考える
パニック障害の原因とは

自己肯定感が低い

あくまでも私の印象ですが、パニック障害の方のお話を伺っていると、そもそも自己肯定感が低い方が多い印象です。自己肯定感とは、簡単に言えば、どれほど自分のことを認めているか?です。

この感覚が低いということは、「自分が嫌い」「自分なんて...」という自信の無さにつながっています。

この原因は幼少期などの「周囲からの愛情」や「自分で出来たという体験不足」「いじめ」などに関わっていることが多いかもしれません。いずれにしても、自分自身を信頼できていないので、他人からの評価が自分の価値になります。万が一他人からの評価を満足に感じられなくなると、不安で仕方がありません。次第にパニック症状へと発展してしまっている様に思います。

心理的ストレス

その様な背景があり、心理的ストレスが加わるとさらにパニック症状が加速します。

自己肯定感が高い人ほど、ストレスも上手に流していくことができますが、低い人ほどストレスに振り回されてしまいます。「性格」は素質として無関係ではないと思いますが、自分らしく生きているかどうかの方が重要だと考えます。

栄養の偏り

栄養療法の分野では、栄養状態が精神面にも影響を与えると結論づけています。

栄養の質の悪いものが多い場合もありますが、しっかり食べているつもりでも吸収できない程弱ってしまっている場合もあります。腸内環境の悪化は脳での思考などにも影響しますので、まずは正しく腸内環境改善から行っていくことが大切です。

必要に応じて漢方なども使いながら、お医者さんと相談して精神薬を減らしていくことができるといいでしょう。

整体と栄養が手助けになります

整体学的アプローチ

精神症状と整体って関係あるの?

この質問は、同業者でも受けることがありますが、とても関係が深いものです。

身体をしっかり診れる治療家ならわかると思いますが、精神症状を抱えている人は十中八九、呼吸が浅く、体が緊張状態にあります。心臓系や免疫系が弱っていることも少なくありません。

洞内整体では、整体的な内臓へのアプローチを得意としており外側から内部に働きかけていきます。そのため、「深いところから楽になる」感覚が実感できるのです。

楽になる感覚は自律神経の安定にも繋がってきます。人はホッとしている時は身体も楽なのです。

栄養学的アプローチ

精神症状や自律神経の安定には「脳」の機能を考えなければなりません。

当然ですが、脳も栄養を必要としています。栄養に偏りがあったり、質の悪いものが入ってきていたら脳もまともに機能しにくくなります。

特に日本の食事事情は深刻なほど悪化してきています。精神疾患が増加している一因にもなっているでしょう。日本だから安全という考えはもはや時代遅れです。

食生活をお伺いし、アドバイスをさせていただきます。

クライアント様の
喜びの声

元気に動けるようになりました

千葉県柏市 30代女性U様

出産してから環境や生活がガラリと変わり、どうしても子供中心に動かなければならないため、毎日のように寝不足でイライラしやすくなって

主人にきつい言葉を浴びせてしまうこともありました。

知人の紹介でこちらでお世話になり、週一回ケアをしてもらいまいした。不思議なのは、体が軽くなると気持ちも何となく軽くなったような感じがして、主人に当たることも減って家の雰囲気も以前とは全然違う気がするのです。

食習慣の説明はとても納得でした。単にストレスだけでなく食べ物の影響でイライラしたり、不安になったりするんだなということがわかりました。

そうやって知らなかったことを色々教えてくれるので、今後育児が進むにつれてどんな食事がいいのかなども気軽に聞ける先生なので本当におすすめです。こんな先生はなかなか出会えないのでは!?と思っています。

これからもよろしくお願いします。

 

クライアント様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

03-6260-9768

浅草橋駅から当院までのアクセス

JR総武線東口を出て左折

JR総武線東口の改札を出ると階段があるので降ります。

大通り(江戸通り)に出るので左折し、大通り沿いに進みます。

信号も直進

 

みずほ銀行が交差点の角にあるので、信号を渡り直進します。

都営浅草線からお越しの方はA4出口が丁度ここになります。

 

 

須賀神社も直進

左側に須賀神社が見えてきたらもうすぐです。

海鮮丼の丼丸様が見えてきます。同じビルの3階が当院になります。

左に看板が置いてあります

丼丸様の看板と当院の看板の間にビルの入り口があります。

隣はホテル・ルートイン様です。

三階に着きましたらノックをしてお入りください。

 

Map

JR総武線・都営浅草線 浅草橋駅から5分以内

健康講座実績

呼吸についての講義

呼吸法の実技デモ

食の大切さを伝える添加物講座

かつお節を削って頂いています。

添加物で作る無果汁飲料
ジュースは要注意です。

介護ヘルパー向け
麻痺、拘縮の講座

麻痺、拘縮講座
実技

最後に・・・

パニック障害は日常生活に支障を来たすことが多く、非常に辛い症状です。病院での治療も大切ではありますが、それ以上に身体のベースを整えていくことが大切です。

まずはご相談いただきましたら、お話を詳しく伺った上で回復の伴走をさせていただければと思います。魔法の様に改善すような単純な症状ではないのは確かですが、今後のあなたの人生も見据えてしっかりとした心と身体づくりをしていきましょう。

 

 

 

2回目以降は5400円/回となります。1回が最大500円割引となる回数券もご利用可能です。

03-6260-9768