細胞の質を上げる

卵子も精子も細胞ですから、その細胞がどれだけ元気であるかで

妊娠率だけでなく、その後の分割・着床という工程まで

関わってきます。

 

 

ではその細胞の質を上げていくには何ができるのでしょうか?

 

 

大きく考えて

 

 

・細胞の老化を防ぐ

・細胞を元気にする

 

 

という考え方。

 

 

 

・細胞の老化を防ぐ

 

老化を早めてしまうのは

前回お話した、

 

「糖化」(糖化のお話はこちら

「酸化」

 

です。

 

「糖化」がコゲに対し、「酸化」とはサビですね。

 

酸化を起こすのは様々な原因があります。

 

ストレス

化学物質(放射能・薬・添加物・環境汚染など)

過剰な運動

タバコ

過剰なお酒

などなど

 

さらに、女性は排卵があります。

排卵時にはどうしても活性酸素が発生するため、毎月毎月酸化してしまうのは

仕方がないことなのですアセアセ

 

ですから、妊娠は早い方がいいというのはそれも理由の一つなんですね。

 

 

でも他の要因で防げることはあると思います。

特に加工食品(添加物)ばっかりな食生活は変えやすい方だと思います。

 

添加物を気にしたら食べるものがないビックリマークという人もいますが、ポイントだけ気をつければいいのです。

 

このブログでも順次触れていきますねグッド!

 

少しずつ、老化を防ぐことを考えた生活をしてみるといいと思います。

 

 

・細胞を元気にする

 

細胞を元気にするために必要なのは

 

何と言っても「血流」

そして「栄養」

 

です。

 

 

血流をよくするために

 

「副交感神経優位」な状態が理想です。

 

副交感神経とはリラックス状態の時に働いています。

その時血管は広がり、血流は流れやすい状況。

 

 

逆に、「交感神経優位」は避けたい状態。

 

緊張状態で働くので、ストレス・不眠・スマホ・夫婦関係がギクシャク

していたりすると血管は収縮し手足の冷えや卵巣の冷えにも繋がります。

 

腸内環境が悪かったり、生理痛、内膜症などで「炎症」があると

それだけでも交感神経優位になりますので改善したいところです。

 

 

副交感神経を優位にするには、

ストレスの処理・10時以降は寝る・夜間のPC、スマホはやめる・夫婦関係を良好にする・腸内環境を整える・生理の問題を

解決するなどが必要です。

 

 

そのお手伝いができるのが「整体」なんですねグッド!

 

 

 

続いて栄養!

 

 

栄養は大きく分けて

 

 

プラスの栄養学とマイナスの栄養学があります。

 

 

プラスの栄養学

 

つまり、栄養を入れることで元気にする考え方です。

 

ビタミン群など、ちょっと調べればこの辺の情報はたくさん出てきます。

でも、細胞を綺麗にするという点で、オススメしたいのはミネラル。

 

現代人はミネラルが足りていません。

 

例えば、卵子の細胞の中のCa(カルシウム)濃度が高いと、受精に対する反応が落ちます。

Caを正常な一定量に保つにはMg(マグネシウム)が必要です。

 

そもそもMgが足りていないだけでなく、ストレスや添加物が多い食生活をしていると、そっちの処理に使われてしまい

無駄遣いが発生します。

 

するとCa代謝ができず、細胞のミネラルバランスも乱れるのです。

 

Mgは食品なら、アーモンドなどのナッツ系やワカメなどの海藻にも含まれます。

私は液体サプリで摂ってしまいますが、食事でも気をつけます。

 

ぜひミネラルバランスを考えて生活してみましょう。

 

 

マイナスの栄養学

 

つまり、摂らないことで細胞を元気にする方法です。

私も取得していますが、ファスティングが妊活にも有効です。

 

私がお勧めするファスティングとは酵素を使った断食です。

詳しくはこのブログでも解説していきますが

 

原理としては、栄養を枯渇させると細胞は自らエネルギーを作り出そうと

働き出すのです。

 

これは手っ取り早く細胞のエネルギーを上げられるのでかなりお勧めですが

合わない状態の人もいるので、自己判断ではなく必ず専門家に相談した上で行いましょう。

 

私なら相談無料でできますよニコニコ

 

 

 

 

長々と書いてきましたが、細胞の質を本気で上げたい方はぜひ

ご相談ください。相談は無料です。

まず何をすべきか!?

これは人それぞれ違います。最短(最低三ヶ月)で質を上げていくために

今から行動しましょう!!